2015年4月のブログ記事

今日は久しぶりにボイトレの話をしましょう good

 

以前にも述べましたが、

「声帯で発声した声(原音)は 鼻、口、喉 で共鳴して、

様々な音色になる」 という考えでトレーニングしています。

 

今回は喉の共鳴の復習と補足です。

口の共鳴と同じで、響きを得るには広い空間が必要なので、

いわゆる「喉を開ける」という状態をつくります

 

前回も載せましたが、あくびしている時 が一番近い状態で、

具体的には、軟口蓋(上アゴの奥)を上げ、舌根を下げます。

 

その状態のまま「ha-」などで声を出すと

あくびをした時に出るような奥まった深い響きの声が出ます。

 

この声のままずっと歌えという意味ではなく、

深い響きの感覚や、喉をいつでも開けれるという柔軟性や筋力を

つけるために大切という事です。

 

これらが習得出来ていないと、響きを出せていない事に気づかない、

高音で喉が絞まる、痛くなる、キンキン声になるなど

嫌な事がたくさんおきてしまいます。

 

喉を開けて声を出す練習を日課にしましょう happy01

プロフィール ヴォーカルレッスン内容 レッスンのご案内 ブログ レッスンスケジュール その他レッスン会場 お問い合わせ