2010年11月のブログ記事

今回のおすすめCDは、

Superfiy の Cover Songs です。

 

キャロル・キングの名曲、A Notural Woman をはじめ、

いろんなカバー曲を収録したアルバムです。

 

個人的にはアイルランドの民謡曲のカバー、 

The Water Is Wide が好きです。

 

Superfly といえば空間を突き抜けていくような歌唱法が印象的ですが、

この曲では丸く深みのある歌い方をしていて、

それが曲の雰囲気、アレンジと凄く合っていて良いです!

 

改めて、Superfly の柔軟な歌唱力と感性のすばらしさを感じれる一枚でした happy01

CIMG1669 (300x222).jpg

こんにちは! 今日も姿勢の話の続きをします。

 

前回の話は

  • お尻の穴を軽く締める(骨盤を締める)感じにして、腰を入れる、

     そうする事で下半身に ”土台” をつくる

でした。

 

ところが、腰が硬かったり、バランスの悪い人は、この時点で上半身が

反ってしまう事があるので注意です。

上半身はただリラックスして真っ直ぐが理想です。

 

最後に重心を、

足の親指の付け根あたりに乗せます。

これで完成 good

 

まとめてみましょう

  • 足を腰幅くらいに開く(つま先は開き過ぎない)
  • 足首、膝は力を抜く
  • 骨盤を軽く締める
  • 上半身は真っ直ぐリラックス
  • 重心は足の親指付け根あたり

CIMG1732 (225x300).jpg

 

慣れてくると、この姿勢は凄く声が出しやすいという事に気づいてきます。

歌声を出す時に、無意識にこの姿勢になるように、

日ごろから体に定着させましょう。

 

ただし! 姿勢にこだわるあまり、体が余計な力が入っては何の意味もありません!

やはり一番大切なのはリラックス。

基本姿勢も大切ですが、常にリラックスを第一に考えましょう。

前回、姿勢については、

腰幅くらいに足を開き、膝と足首の力を抜く

というところまで解説しました。

 

今回は重要な骨盤回りについてです。

 

お尻の穴を軽く締めるようにして、骨盤が少し後ろに倒れるのを確認します。

いわゆる ”腰を入れる” や”骨盤を締める” という事なのですが、解りにくければ・・・

  • お尻の穴が真下に向く感じ
  • トイレをちょっとガマンする感じ(笑)
  • 重いものを持ち上げた時の骨盤の感じ
  • 尻尾が生えていて、それを股の間から前に引っ張る感じ

といったところでしょうか coldsweats01

 

やはり上半身のリラックスが最も大切なので、

それを支える ”土台” を骨盤回りでつくるわけです。

これが無いと、上半身が土台となってしまいやすく、

硬くなり、やはりリラックス出来ません。

 

さらに、この状態をしっかりつくれると、

骨盤の中ある「骨盤低筋」という筋肉が働きます。

この筋肉は、呼吸に関係する「横隔膜」の働きと密接に関わっていて、

腹式呼吸になりやすくなります。

 

今回はちょっと難しい話だったかもしれませんが、

実際レッスンの場では、みんなすぐ慣れていくので心配いりません smile

 

まだ姿勢の話は続きます・・・もう少し

今日は姿勢について解説していきます。

いわゆる ”フォーム” ですね

楽器にしてもスポーツにしても、このフォームは大切になります。

 

歌の世界ではいろんな音楽のジャンルが存在するように、

このフォームも、流派のようにいろいろあるようです。

 

僕が重点をおいているのは 

上半身をいかにリラックスさせるか です

 

そのためには支えとなる下半身の状態が大切で、

具体的には、足を腰幅程度に軽く開き、

足首と膝に絶対に力を入れないようにします。

 

足首や膝が伸びきって硬くなると、上半身も間違いなく硬くなり、

発声にも影響してきます!! 

 

レッスンを見ていると、女性の方が膝が伸びてしまいやすい人が多いようです。

膝のバネや、筋力の問題かと思います。

 

なので上半身より、下半身の筋力を鍛えた方が歌にはいいと思います punch

んで、ここでストレッチも効いてくるわけです。

 

続く・・・

昨日メロメロポッチで行われた

five color’t の初ライブが無事終了しました shine

 

予想より多くの人が来て下さって本当に嬉しかったのですが、

逆に立ち見になってしまう方もいたり、申し訳なく思っています。

 

まだまだいろんな面でみなさんを満足させられるようなグループではないのですが、

少しずつ良くしていく努力をしていきます。

 

今回は初回の記念として

フライヤーに続き、とてもいい感じのパンフレットも作ってもらいました

 CIMG1696 (300x225).jpg

 

CIMG1697 (300x225).jpg

 

グループやLiveに関わってくれたみなさん

来てくれた方々

本当にありがとうございました!  

プロフィール ヴォーカルレッスン内容 レッスンのご案内 ブログ レッスンスケジュール その他レッスン会場 お問い合わせ